改修とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

改修

「橋を改修する」などのように使う「改修」という言葉。

「改修」は、音読みで「かいしゅう」と読みます。

「改修」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「改修」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

改修の意味

「改修」には次の意味があります。

・道路・建物などの悪い部分を直すこと。(出典:デジタル大辞泉)

「改修」は道路や建物などだけでなく、システムやプログラミングの分野でも使われます。
システムに関しては、壊れていない場合でも「改修」という言葉を使うことがあり、「仕様の追加など、さらに使いやすくするための作業」にも使われます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・五年前に全面改修が行われ、ここは日本でもっとも美しい競馬場となった。
(出典:清松みゆき/柘植めぐみ/友野詳『妖魔夜行 影と幻の宴』)

・大学時代の友人が介護保険を使って家をバリアフリーに改修したいという。
(出典:平安寿子『くうねるところすむところ』)

・その後佐世保で改修工事が始ってからは、佐世保で女性一人を採用した。
(出典:西村京太郎『原子力船むつ消失事件』)

・この日のために姫路駅から城北練兵場までの道三キロあまりが改修された。
(出典:大江志乃夫『凩の時』)

改修現場の床下や壁の内側の処理が予想以上に悪いから、対応に時間がかかる。
(出典:平安寿子『くうねるところすむところ』)

類語

・取り繕う(とりつくろう)
意味:間に合わせに修繕する。(出典:デジタル大辞泉)

・修築(しゅうちく)
意味:家・橋・堤防などを繕い直すこと。(出典:デジタル大辞泉)

・手入れ(ていれ)
意味:よい状態を保つために、整備・補修などをすること。(出典:デジタル大辞泉)

・修復(しゅうふく)
意味: 建造物などの、傷んだ箇所を直して、もとのようにすること。しゅふく。(出典:デジタル大辞泉)

・修正(しゅうせい)
意味:不十分・不適当と思われるところを改め直すこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました