揚げ足を取るとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

揚げ足を取る

「揚げ足を取るようなことを言う」などのように使う「揚げ足を取る」という言葉。

「揚げ足を取る」は、訓読みで「あげあしをとる」と読みます。

「揚げ足を取る」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「揚げ足を取る」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

揚げ足を取るの意味

「揚げ足を取る」には次の意味があります。

人の言いまちがいや言葉じりをとらえて非難したり、からかったりする。(出典:デジタル大辞泉)

相撲などで相手が技をかけようとして足をあげた時を狙って「揚げた足を取る」ことが由来の言葉です。
相手の些細なミスやスキをついて相手をやりこめるという意味をもつ言葉です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・相変わらず人の揚げ足を取るそのくせは、早くなおさないとモテないぜ。
(出典:藤本ひとみ『華麗なるオデパン』)

・ああいう性格の人間の言うことだ、なんとなく、意味もなく、ただ奇策士とがめの揚げ足を取るためだけに言った言葉かもしれない。
(出典:西尾維新『刀語(全12巻) 刀語 2 第二話 斬刀・鈍』)

・ここでも自伝の揚げ足を取るつもりはないけれども、これほどまでの時日および事実に関する無頓着さは、志功の一特色といっていいだろう。
(出典:長部日出『鬼が来た 棟方志功伝(上)』)

・対する佐山も、そこについて邪推や揚げ足を取るようなことをしない。
(出典:川上稔『AHEADシリーズ 7 終わりのクロニクル3〈下〉』)

・もし、そのような揚げ足を取るならば、ウイロビーが前に書いた次の文章はどうなるであろうか。
(出典:松本清張『日本の黒い霧(下)』)

類語

重箱の隅を楊枝でほじくるじゅうばこのすみをようじでほじくる
意味:非常に細かいことまで 問題にして、口うるさく言うことのたとえ。(出典:デジタル大辞泉)

言葉尻を捕らえることばじりをとらえる
意味:相手のささいな言いそこないにつけ込んで、攻撃したり批判したりする。(出典:デジタル大辞泉)

穴見あなみ
意味:欠点を見つけようとすること。(出典:デジタル大辞泉)

穴探しあなさがし
意味: 人が見過ごしている事実や人の欠点・過失を 好んで探し出すこと。(出典:デジタル大辞泉)

けちを付けるけちをつける
意味:欠点を見つけて悪く 言う。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました