措置とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

措置

「救済措置」などのように使う「措置」という言葉。

「措置」は、音読みで「措置」と読みます。

「措置」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「措置」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

措置の意味

「措置」には次の意味があります。

事態に応じて必要な手続きをとること。取り計らって始末をつけること。処置。(出典:デジタル大辞泉)

「措置」をわかりやすく言うと「困りごとをうまく解決するために必要なことをする」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・少なくとも最初の何年かは、税金の優遇措置も受けられることになった
(出典:村上春樹『1Q84 BOOK1』)

・これは安全のための措置であって、行動を束縛するためのものではない。
(出典:ロッデンベリイ『スター・トレック2/カーンの逆襲』)

・こういう状況を考えると、措置入院だけでは十分とはいえませんよ。
(出典:佐木隆三『深川通り魔殺人事件』)

・なにゆえに、こんな超法規的措置がとられたのか?
(出典:宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー 上巻』)

・なお、また、鉄道会社に対しては、将来同様の事故の起きるのを防止する強力な措置を講ずるように促した。
(出典:ジョイス/飯島淳秀訳『ダブリン人』)

類語

対策(たいさく)
意味:相手の態度や事件の状況に応じて、とる方法や手段。(出典:精選版 日本国語大辞典)

処置(しょち)
意味:判断をくだして、その物事の取り扱い方を決めること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

打つ手(うつて)
意味:とるべき方法。なすべき手段。(出典:デジタル大辞泉)

方策(ほうさく)
意味:はかりごと。計略。また、手段。方法。(出典:デジタル大辞泉)

手段(しゅだん)
意味:目的を実現するための具体的な方法。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました