接遇とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

接遇

「接遇を学ぶ」などのように使う「接遇」という言葉。

「接遇」は、音読みで「せつぐう」と読みます。

「接遇」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「接遇」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

接遇の意味

「接遇」には次の意味があります。

もてなすこと。接待。応対。(出典:精選版 日本国語大辞典)

接客や窓口の対応など、仕事に関する場面で相手に応対する際によく使われる言葉です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・客間へ請じ入れられたのが、これまでの温かい接遇のせめてもの余韻といえた。
(出典:森村誠一『棟居刑事の復讐』)

・大公夫妻を接遇する現地総督府に連絡をとり、住民たちが親しみを持ってくれるよう格別の配慮を命じた。
(出典:山下丈『ブルー・ブラッド ―ヨーロッパ王家の現代』)

・家康はかつて経験したことのない手厚い接遇にも、内心では気を引き締め、信長を喜ばせることに努めた。
(出典:池宮彰一郎『本能寺(下)』)

・小林の折目正しい、しかもさっぱりした接遇は、東京の中堅階級の所産であろう。
(出典:草柳大蔵『実力者の条件 この人たちのエッセンス』)

・「未経験者の方には、まずこちらで翻訳だけでなく接遇その他の基本的な講習を受けてもらってから、登録していただくシステムになっていまして」と男がおもむろに出したのは、この会社と同じ名前が頭についたビジネススクールのパンフレットだった。
(出典:篠田節子『女たちのジハード』)

スポンサーリンク

類語

接待(せったい)
意味:客をもてなすこと。もてなし。(出典:デジタル大辞泉)

応対(おうたい)
意味:相手になって、受け答えすること。(出典:デジタル大辞泉)

接客(せっきゃく)
意味:客に接すること。客をもてなすこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

待遇(たいぐう)
意味:他人や客をもてなすこと。あしらい。接待。また、人をある立場から評価して、それに相応した取り扱いをすること。処遇。(出典: 精選版 日本国語大辞典 )

歓待(かんたい)
意味:手厚くもてなすこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました