拗ねるとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

拗ねる

「拗ねた様子」などのように使う「拗ねる」という言葉。

「拗ねる」は、訓読みで「すねる」と読みます。

「拗ねる」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「拗ねる」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

拗ねるの意味

「拗ねる」には次の意味があります。

すなおに人に従わないで、不平がましい態度をとる。(出典:デジタル大辞泉)

「拗ねる」とは、相手の言うことを聞かずに不服そうな様子を見せたりふるまったりするということです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・まるで眼鏡をかけている時の彼女のように、拗ねた風に唇をとがらせる。
(出典:奈須きのこ『空の境界 (上)』)

・その理由はよくわからないが、そこを突っ込んでいると拗ねられそうだ。
(出典:雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第02巻 イグナシス覚醒』)

・片膝を抱えたその姿は、見方によっては、拗ねた子供のようにも見える。
(出典:夢枕獏『沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ二』)

・人間嫌いとか世を拗ねてる人とか、そういうのとは阿良々木くんは違う。
(出典:西尾維新『傷物語』)

・子供っぽい怒りだと分かっていても、拗ねるような口調は止められなかった。
(出典:玉木ゆら『月にむらくも、恋嵐』)

類語

いじけるいじける
意味:ひねくれて、すなおでなくなる。すねたようすをする。(出典:デジタル大辞泉)

駄々をこねるだだをこねる
意味:子供などが甘えて無理やわがままを言う。(出典:デジタル大辞泉)

やさぐれるやさぐれる
意味:すねる。ふくれる。また、無気力で投げやりになる。(出典:デジタル大辞泉)

不貞腐れるふてくされる
意味:不平・不満の気持ちがあって、なげやりな態度や反抗的な態度をする。(出典:デジタル大辞泉)

拗けるねじける
意味:性質がひねくれる。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました