扶養とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

扶養

「家族を扶養する」などのように使う「扶養」という言葉。

「扶養」は、音読みで「ふよう」と読みます。

「扶養」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「扶養」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

扶養の意味

「扶養」には次の意味があります。

たすけ養うこと。生活の面倒をみること。(出典:大辞林 第三版)

「扶養」をわかりやすく言うと「自力で生活できない者の面倒を見ること」という意味になります。
具体的には「子供」などが親に扶養されている者です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・母の扶養に関する費用も、秋子は少しも出していないが、姉はなにも咎めない。
(出典:長嶋有『タンノイのエジンバラ』)

・親には子供の扶養義務があると法律で定められている。
(出典:村上春樹『1Q84 BOOK1』)

扶養家族がふえたというのに、相変わらず父親には仕事がなかった。
(出典:群ようこ『ネコの住所録』)

・彼からみると、この私は、力の及ぶかぎり長く母親を扶養した、模範的な息子だった。
(出典:カミュ/窪田啓作『異邦人』)

・家父長の権力は彼が家族を扶養し得るという経済的実力から来る。
(出典:戸坂潤『道徳の観念』)

スポンサーリンク

類語

養うやしなう
意味:生活の面倒をみる。(出典:大辞林 第三版)

養育よういく
意味:養って成長させる。(出典:精選版 日本国語大辞典)

養護ようご
意味:特別に保護を加えながら成長を助けること。(出典:大辞林 第三版)

養老ようろう
意味:老人をいたわり世話すること。(出典:デジタル大辞泉)

養成ようせい
意味:やしない育てること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました