打ちひしがれるとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

打ちひしがれる

「悲しみに打ちひしがれる」などのように使う「打ちひしがれる」という言葉。

「打ちひしがれる」は、訓読みで「うちひしがれる」と読みます。

「打ちひしがれる」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「打ちひしがれる」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

打ちひしがれるの意味

「打ちひしがれる」には次の意味があります。

精神的な衝撃などで気力を完全になくさせられる。意気消沈させられる。(出典:デジタル大辞泉)

たとえば「悲しみに打ちひしがれる」とは、「悲しみが大きく気力をなくす」という意味となります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・その声のない魂が、眠りこんでいる打ちひしがれた魂の中で叫んだのだ。
(出典:モーパッサン/榊原晃三訳『モーパッサン怪奇傑作集』)

・明らかになった記憶に打ちひしがれながら、私はホームに足を戻した。
(出典:皆川博子『聖女の島』)

・扉のすぐ外には老婦人が打ちひしがれたような様子で立っていた。
(出典:京極夏彦『姑獲鳥の夏』)

・まだほんの数時間にしかならないのに、わたしの心は打ちひしがれています。
(出典:エディングス『エレニア記6 神々の約束』)

・ドリイは自分の悲しみに打ちひしがれて、それにすっかりのまれていた。
(出典:トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』)

類語

傷心(しょうしん)
意味:心にいたでを受けて悲しい思いに沈むこと。また、悲しみに傷ついた心。(出典:デジタル大辞泉)

暗然(あんぜん)
意味:悲しみ、絶望などで心がふさぐさま。気落ちするさま。(出典:デジタル大辞泉)

虚脱(きょだつ)
意味:体力も気力も失せて、ぼんやりとして何も手につかないようになること。(出典:デジタル大辞泉)

がっかり
意味:望みがなくなったり、当てが外れたりして、気力をなくすさま。(出典:デジタル大辞泉)

落胆(らくたん)
意味:期待や希望どおりにならずがっかりすること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました