手練手管とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

手練手管

「手練手管にたける」などのように使う「手練手管」という言葉。

「手練手管」は、「手」と「管」が訓読み、「練」が音読みで「てれんてくだ」と読みます。

「手練手管」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「手練手管」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

手練手管の意味

「手練手管」には次の意味があります。

人をだます手段。人をあやつりだます手段。(出典:四字熟語を知る辞典)

「手練」も「手管」も「人をだます手段」という意味で、同義語を重ねることで意味を強めた言葉です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・だから男は社交界で、恋の手練手管には通じているといった顔をする必要がある。
(出典:スタンダール/白井浩司訳『恋愛論』)

・そのマキアヴェリのような手練手管で手玉にとられていたようです。
(出典:クイーン/石川年訳『ギリシア棺謀殺事件』)

手練手管で幕府の内に這入り込んだのちも、決して安心できる時間はなかったはずだ。
(出典:西尾維新『刀語(全12巻) 刀語 8 第八話 微刀・釵』)

・一夜漬けで政治家にはなれぬし、鈴木は手練手管が嫌いだった。
(出典:半藤一利『聖断 天皇と鈴木貫太郎』)

・その証拠に、女たちが意識的あるいは無意識に使う、あの手練手管はどうだ。
(出典:森瑤子『非常識の美学』)

類語

丸め込む(まるめこむ)
意味:相手を自分の思うとおりに操る。(出典:デジタル大辞泉)

権謀術数(けんぼうじゅっすう)
意味:人を欺くためのはかりごと。種々の計略。(出典:デジタル大辞泉)

術策(じゅっさく)
意味:はかりごと。術数。策謀。策略。(出典:精選版 日本国語大辞典)

策略(さくりゃく)
意味:自分の目的を達成するために相手をおとしいれるはかりごと。(出典:デジタル大辞泉)

謀る(はかる)
意味:計略をめぐらしてだます。たぶらかす。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました