感無量とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

感無量

「感無量の面持ち」などのように使う「感無量」という言葉。

「感無量」は、音読みで「かんむりょう」と読みます。

「感無量」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「感無量」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

感無量の意味

「感無量」には次の意味があります。

何もいえないほど深く感じいるさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「感無量」とは、物事に対して深く感動したり、身に染みて感じ入ったりすることを意味します。
同じ意味の言葉に「感慨無量」があります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・僕は感無量の思いで、懐かしいその臭いを胸一杯に吸い込んだのでした。
(出典:木村晋介『八丈島のロックンロール ―キムラ弁護士事件帖』)

・それはほとんど感無量と言っていい表情だった。
(出典:恩田陸『ライオンハート』)

・そして感無量な面でながめ入るのであった。
(出典:吉川英治『新書太閤記(八)』)

・しかし、はじめてその場所を訪れたわけで、感無量らしかった。
(出典:星新一『きまぐれ体験紀行』)

・山崎が顔を空に向けたまま、感無量、というふうに独りごちた。
(出典:新堂冬樹『ある愛の詩』)

スポンサーリンク

類語

感慨深いかんがいぶかい
意味:しみじみと深く感じている。(出典:大辞林 第三版)

感極まるかんきわまる
意味:非常に感動する。(出典:大辞林 第三版)

万感ばんかん
意味:一時に心に浮かぶ種々さまざまな感情。(出典:大辞林 第三版)

胸を打つむねをうつ
意味:感動させられる。(出典:大辞林 第三版)

琴線に触れるきんせんにふれる
意味:良いものや、素晴らしいものに触れて感銘を受けること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました