愛猫とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

愛猫

「愛猫と暮らす」などのように使う「愛猫」という言葉。

「愛猫」は、音読みで「あいびょう」と読みます。

「愛猫」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「愛猫」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

愛猫の意味

「愛猫」には次の意味があります。

かわいがって大切にしている猫。(出典:デジタル大辞泉)

一般的には、飼い猫のことを言います。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・津田は何か考えこんでいて、愛猫を追おうともしなかった。
(出典:今邑彩『鋏の記憶』)

・いつもお着物をお召しになり、愛猫と一緒に江戸の、いや東京の下町にお住まいだとか。
(出典:宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 さんだらぼっち』)

・猫好きな詩人、小説家、画家などの、愛猫の写真が出ている。
(出典:吉行理恵『小さな貴婦人』)

・独り暮らしの部屋で飼っている愛猫ミドロをどうするか、である。
(出典:綾辻行人『どんどん橋、落ちた』)

・九世紀になると宇多天皇が愛猫について詳しく日記に記している。
(出典:竹内久美子『パラサイト日本人論 ウイルスがつくった日本のこころ』)

スポンサーリンク

類語

愛犬あいけん
意味:かわいがって飼っている犬。(出典:デジタル大辞泉)

愛馬あいば
意味:かわいがって大事にしている馬。(出典:デジタル大辞泉 )

愛鳥あいちょう
意味:鳥をかわいがること。特に、野鳥を愛護すること。(出典:デジタル大辞泉 )

愛娘(まなむすめ)
意味:かわいがっている娘。(出典:デジタル大辞泉 )

溺愛できあい
意味:むやみにかわいがること。盲愛。(出典:デジタル大辞泉 )

タイトルとURLをコピーしました