意気衝天とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

意気衝天

「意気衝天の勢い」などのように使う「意気衝天」という言葉。

「意気衝天」は、音読みで「いきしょうてん」と読みます。

「意気衝天」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「意気衝天」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

意気衝天の意味

「意気衝天」には次の意味があります。

意気込みが天を突くほどに盛んなこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「意気衝天」を分かりやすく言うと「やる気に満ち溢れた状態」のことです。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・あの子が見られるということで、意気衝天の勢いやったんよ。
(出典:米谷ふみ子『過越しの祭』)

・いよいよ意気衝天の軍威である。
(出典:吉川英治『私本太平記』)

・麦を踏んで意気衝天の征途につき、涼秋八月、満身創痍の大敗に恥を噛んで国へ帰る将士の気持としては、あながち誇張のない表現かもしれない。
(出典:吉川英治『三国志』)

スポンサーリンク

類語

意気軒昂いきけんこう
意味:意気込みが盛んで、元気いっぱいなさま。(出典:デジタル大辞泉)

意気揚々いきようよう
意味:得意そうなさま。いかにも誇らしげにふるまうさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

新進気鋭しんしんきえい
意味:新しく現われて勢いがさかんで鋭いこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

気炎万丈きえんばんじょう
意味:さかんに気炎をあげるさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

勃勃ぼつぼつ
意味:物事が勢いよくわき起こるさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました