意図的とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

意図的

「意図的に行う」などのように使う「意図的」という言葉。

「意図的」は、音読みで「いとてき」と読みます。

「意図的」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「意図的」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

意図的の意味

「意図的」には次の意味があります。

ある目的を持って、わざとそうするさま。(出典:デジタル大辞泉)

狙いがあってその為にする事なのでたまたまではないという事です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

意図的に隠しているのか、あるいは忘れたいできごとなのかもしれない。
(出典:篠田節子『カノン』)

・おまえの推理では、峰村が意図的に失敗させたということになるんだろ?
(出典:東野圭吾『予知夢』)

・政府が時期を選んで意図的に発表させたのではないかと思うのだ。
(出典:つかこうへい『傷つくことだけ上手になって』)

・基本は1チーム5人で構成されるが、意図的に人数を変えることも可能。
(出典:谷瑞恵『伯爵と妖精 第2巻 あまい罠には気をつけて』)

・休職中は、その手のニュースを意図的に避けるようにしてきたからだ。
(出典:西尾維新『DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件』)

類語

態態(わざわざ)
意味:しなくてもよいことをことさらするさま。
(出典:デジタル大辞泉)

故意(こい)
意味:わざとすること。また、その気持ち。
(出典:デジタル大辞泉)

火中の栗を拾う(かちゅうのくりをひろう)
意味:自分の利益にならないのに、他人のために危険を冒すたとえ。
(出典:デジタル大辞泉)

意識的(いしきてき)
意味:自分でわかっていて、わざとするさま。
(出典:デジタル大辞泉)

殊更(ことさら)
意味: 考えがあってわざとすること。
(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました