情事とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

情事

「情事を重ねる」などのように使う「情事」という言葉。

「情事」は、音読みで「じょうじ」と読みます。

「情事」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「情事」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

情事の意味

「情事」には次の意味があります。

恋愛に関する事柄。また、夫婦ではない相手との肉体関係。いろごと。(出典:デジタル大辞泉)

「情事」は不倫や浮気等のニュアンスを含んだ言葉です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ 情事をするかもしれないから、女が結婚しているかどうかが肝心なのだ。
(出典:林真理子『不機嫌な果実』)

・他人のことが気になるとすれば、以前は情事の次元においてだけだった。
(出典:阿部牧郎『誘惑街の女たち』)

情事をおこなうために、一時間あるいは一晩いくらで部屋を借りられる。
(出典:金益見『ラブホテル進化論』)

情事に際して、男は女の出身地に応じた喜ばせ方をしなければならない。
(出典:ヴァーツヤーヤナ/大場正史訳『カーマ・スートラ』)

・この二人に情事の芝居をさせ、馬鹿な探偵を傭って、二人を尾行させる。
(出典:西村京太郎『雨の中に死ぬ』)

スポンサーリンク

類語

色恋(いろこい)
意味:男女間の恋愛や情事。色事。(出典:デジタル大辞泉)

色事(いろごと)
意味:男女間の恋愛や情事。(出典:デジタル大辞泉)

情交(じょうこう)
意味:男女の親密な交際。また、男女の肉体的な交わり。(出典:デジタル大辞泉)

密通(みっつう)
意味:肉体関係をもつことが許されない二人が、ひそかに関係すること。私通。(出典:デジタル大辞泉)

あだ事(あだごと)
意味:みだらなこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました