悔恨とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

悔恨

「悔恨の想い」などのように使う「悔恨」という言葉。

「悔恨」は、音読みで「かいこん」と読みます。

「悔恨」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「悔恨」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

悔恨の意味

「悔恨」には次の意味があります。

過ちを後悔して残念に思うこと。(出典:デジタル大辞泉)

悔やんだり残念に思う時に用いられます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・おまえの悔恨の気持ちには満足であるが、 行け、もはや出発のときぞ!
(出典:ペロー『ペロー童話集(眠れる森の美女・赤ずきんちゃん・シンデレラ 他)』)

・あとで絶対、二倍三倍の悔恨にのたうちまわるに決まっているのだから。
(出典:川原礫『アクセル・ワールド 01 -黒雪姫の帰還-』)

・そして若い日にそれをやらなかったことへの悔恨の言葉がつづいた。
(出典:山田風太郎『自選恐怖小説集 跫音』)

悔恨が襲うことがあっても私はそれを意志で押し殺すことを覚えた。
(出典:福永武彦『忘却の河』)

・それを聞いた瞬間に、伊丹氏は何とも言えない悔恨に充ちた表情をした。
(出典:福永武彦『加田伶太郎全集』)

類語

懺悔さんげ
意味:自分の罪を悔いて他人に告白すること。(出典:デジタル大辞泉)

痛恨つうこん
意味:ひどく残念がること。たいへんうらみに思うこと。(出典:デジタル大辞泉)

慙愧ざんき
意味:自分の見苦しさや過ちを反省して、心に深く恥じること。(出典:デジタル大辞泉)

悔悟かいご
意味:自分のした事の悪かったことを認めて後悔すること。(出典:デジタル大辞泉)

臍を噛むほぞをかむ
意味:後悔する。すでに及ばないことを悔やむ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました