恵方巻とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

恵方巻

「恵方巻を購入する」などのように使う「恵方巻」という言葉。

「恵方巻」は、音読みで「えほうまき」と読みます。

「恵方巻」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「恵方巻」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

恵方巻の意味

「恵方巻」には次の意味があります。

節分の日に、その年の恵方を向いて食べる太巻き寿司。心の内に願い事をしながら黙って食べると願い事がかなうという。(出典:デジタル大辞泉)

節分にその年の恵方(吉方)を向いて食べると縁起が良いとされる太巻き寿司。丸かぶり寿司、恵方寿司とも呼ばれます。
その年の最もよいとされる方角に向かい、一本丸ごと切らずに食べるとよいと言われています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・今日は節分、そいで節分と言えば豆まきと恵方巻《え ほうまき》じゃないの!
(出典:谷川流『7 涼宮ハルヒの陰謀』)

・今日は節分なので恵方巻を用意した。

・スーパーに様々な種類の恵方巻が並んでいる。

・無病息災を願って恵方巻を食べる。

類語

太巻きふとまき
意味:のり巻きなどを太く巻くこと。また、巻いたもの。特に、太巻きずし。(出典:デジタル大辞泉)

節分せつぶん
意味:季節の変わり目。(出典:デジタル大辞泉)

海苔巻きのりまき
意味:のりで巻いた巻きずし。(出典:デジタル大辞泉)

節分祭せつぶんさい
意味:節分を祝う祭典。特に、立春の前夜または当日に各地の寺社で行なわれるもの。(出典:デジタル大辞泉)

吉方きっぽう
意味:よい方角。暦法で歳徳神(としとくじん)のやどる方。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました