恐る恐るとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

恐る恐る

「恐る恐る扉を開ける」などのように使う「恐る恐る」という言葉。

「恐る恐る」は、訓読みで「おそるおそる」と読みます。

「恐る恐る」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「恐る恐る」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

恐る恐るの意味

「恐る恐る」には次の意味があります。

・恐れからひどく緊張して事を行うさま。(出典:デジタル大辞泉)

「恐る恐る」とは、怖がりながらも何か行動をすることを言います。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そのうちに老人が出て来ましたので、私は恐る恐るお訊ねいたしました。
(出典:国枝史郎『娘煙術師』)

・警備に追われる理由はないが、両手を挙げて恐る恐る廊下に踏ふみ出した。
(出典:喬林知『今日からマ王 第9巻 「地にはマのつく星が降る!」』)

・そこでちょっと間をおいて、また彼女の娘のことに恐る恐る話題を戻した。
(出典:フィッツジェラルド/佐藤亮一訳『華麗なるギャツビー』)

・杜子春はどうなることかと思いながら、恐る恐るそこへ跪ひざまずいていました。
(出典:芥川竜之介『杜子春』)

恐る恐る指に触れてみると、温かみが残っていて生きているかのようだった。
(出典:千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』)

類語

・冷や冷や(ひやひや)
意味:心配し、恐れるさま。(出典:デジタル大辞泉)

・はらはら
意味:成り行きを危ぶんで気をもむさま。(出典:デジタル大辞泉)

・どきどき
意味:激しい運動、または不安・恐怖・驚きなどで心臓の動悸どうきが速くなるさま。(出典:デジタル大辞泉)

・怯える(おびえる)
意味:怖がってびくびくする。(出典:デジタル大辞泉)

・怖がる(こわがる)
意味:こわいという気持ちを態度や表情に表す。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました