忽然とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

忽然

「忽然と消える」などのように使う「忽然」という言葉。

「忽然」は、音読みで「こつぜん」と読みます。

「忽然」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「忽然」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

忽然の意味

「忽然」には次の意味があります。

物事の出現・消失が急なさま。(出典:デジタル大辞泉)

「忽然」の「忽」には「たちまち」という意味があるため、突然物が消えたり、現れるさまをあらわします。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

忽然意識した時、はっと驚いたのである。
(出典:森鴎外 『雁』)

・その時忽然部屋の隅から女の笑い声が聞こえて来た。
(出典:国枝史郎 『八ヶ嶽の魔神』)

・まさに忽然、としか言いようのない出現だった。
(出典:高橋弥七郎 『灼眼のシャナ 第5巻』)

忽然眼の前が暗くなった。
(出典:国枝史郎 『神州纐纈城』)

忽然お延の頭に彼女と自分との比較が閃めいた。
(出典:夏目漱石 『明暗』)

類語

俄然(がぜん)
意味:にわかなさま。(出典:デジタル大辞泉)

突如(とつじょ)
意味:何の前触れもなく物事が起こるさま。(出典:デジタル大辞泉)

矢庭に(やにわに)
意味:いきなり。突然。だしぬけに。(出典:デジタル大辞泉)

頓に(とにに)
意味:急に。にわかに。(出典:デジタル大辞泉)

出し抜け(だしぬけ)
意味:予期しないことが起こること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました