忠告とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

忠告

「友人として忠告する」などのように使う「忠告」という言葉。

「忠告」は、音読みで「ちゅうこく」と読みます。

「忠告」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「忠告」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

忠告の意味

「忠告」には次の意味があります。

まごころをこめて相手の欠点や過ちを、戒めさとすこと。(出典:デジタル大辞泉)

「忠告」をわかりやすく言うと、「心をこめて、間違っていることやその人の悪い部分などを直すように言うこと」という意味です。
「忠」には「まごころ」という意味があります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・彼自身の口からこういう忠告を受けるとは、なんという嬉しさだったろう!
(出典:カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』)

・このとき、呉景賢という医者が、身体に気をつけるよう忠告したらしい。
(出典:田中芳樹『風よ、万里を翔けよ』)

・お前にも忠告して置きますがね、あの山へだけは行つちやいけないぜ。
(出典:太宰治『お伽草紙』)

・友は感謝して忠告に従い、いつもいつも自分の優越と指導を認めてくれた。
(出典:ヘッセ/永野藤夫訳『知と愛』)

・まるで以前のように妹に何か忠告を与えてやれると、いわんばかりであった。
(出典:原田義人『変身』)

スポンサーリンク

類語

諭す(さとす)
意味:目下の者に物事の道理をよくわかるように話し聞かせる。納得するように教え導く。(出典:デジタル大辞泉)

注意(ちゅうい)
意味:傍らから気をつけるよう教えること。(出典:大辞林 第三版)

諫言(かんげん)
意味:いさめること。また、その言葉。(出典:大辞林 第三版)

指摘(してき)
意味:大切な点や注意すべきこと、欠点や過失などを具体的に取り上げて指し示すこと。(出典:デジタル大辞泉)

苦言(くげん)
意味:本人のためを思い、言いにくいところまであえて言って、いさめる言葉。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました