後悔とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

後悔

「後悔先に立たず」などのように使う「後悔」という言葉。

「後悔」は、音読みで「こうかい」と読みます。

「後悔」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「後悔」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

後悔の意味

「後悔」には次の意味があります。

自分のしてしまったことを、あとになって失敗であったとくやむこと。(出典:デジタル大辞泉)

漢字の通り「後になって悔(く)やむこと」という意味です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・電話を掛けたことを軽はずみだと後悔する気持が強かった。
(出典:織田作之助『青春の逆説』)

・そしてときどき私はそのときのことを考えて羞恥と後悔との念に打たれる。
(出典:倉田百三『愛と認識との出発』)

・言葉が口の外へ出ると同時に後悔したんですが、もう追っつきません。
(出典:平林初之輔『アパートの殺人』)

後悔や悩みなどの否定的な思いが、汗と一緒に全部流れだしたみたいだった。
(出典:水野良『ロードス島戦記 6 ロードスの聖騎士(上)』)

・聞かなくてもいいようなことを聞いてしまった、と瞬間的に後悔した。
(出典:椎名誠『新橋烏森口青春篇』)

スポンサーリンク

類語

懺悔ざんげ・さんげ
意味:過去の罪悪を悔いて神仏や人々に告げわびること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

痛恨つうこん
意味: ひどく残念がること。 (出典:デジタル大辞泉)

髀肉の嘆ひにくのたん
意味:功名を立てたり、手腕を発揮したりする機会がなくて、むなしく時を過ごすのを嘆くこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

慙愧ざんき
意味:自分の見苦しさや過ちを反省して、心に深く恥じること。(出典:デジタル大辞泉)

臍を噛むほぞをかむ
意味:すでに及ばないことを悔やむ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました