影響とは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

影響

「えいきょう」と読みます。

「影響する」「影響される」などと使われる「影響」という言葉。

日常会話でよく使われる言葉ですが、どのような意味なのでしょう?

この記事では「影響」の意味や使い方について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

影響の意味

「影響」には次の意味があります。

関係が密接で、他の物事に力を及ぼして、変化や反応を起こさせること。(出典:大辞林 第三版)

「影響」をわかりやすく言うと「あるものの作用が、他のものを変化させる」というような意味になります。

また、「影響」は良い変化、悪い変化を表す言葉としても使われます。

具体的な使い方や例文は下記の通りです。

使い方・例文

・芸術に影響してくるものは、ただ芸術のみではない、思想のみではない。
(出典:ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』)

・家具が自分の状態の上に及ぼすいい影響というものがなくてはならない。
(出典:原田義人『変身』)

・ 前に挙げた例では歴史の影響という事があまり問題にならなかった。
(出典:寺田寅彦『方則について』)

・しかし当時、私に最も大きな影響を与えたのは、学校よりも教会であった。
(出典:相馬黒光『一商人として 』)

・いやそればかりでなく反て判官の心証に悪い影響を与えたかも知れぬ。
(出典:甲賀三郎『支倉事件』)

・このようなお化け騒ぎが、船長に対して非常に悪い影響を与えてしまった。
(出典:ドイル・アーサー・コナン『世界怪談名作集』)

タイトルとURLをコピーしました