強制労働とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

強制労働

「捕虜の強制労働」などのように使う「強制労働」という言葉。

「強制労働」は、音読みで「きょうせいろうどう」と読みます。

「強制労働」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「強制労働」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

強制労働の意味

「強制労働」には次の意味があります。

労働者の意思を無視して、強制的に行わせる労働。(出典:デジタル大辞泉)

「強制労働」をわかりやすく言うと「むりやり働かせること」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・わずか一年の強制労働によって、人間として失なったものは私たちには大きすぎた。
(出典:石原吉郎『望郷と海』)

・ドイツ軍はまたスト参加者を強制労働のためドイツに送ると脅かした。
(出典:木村裕主『ムッソリーニの処刑』)

・連日戸外で強制労働に従事している俘虜の仲間に比べたら天と地の違いだ。
(出典:胡桃沢耕史『黒パン俘虜記』)

・人に強制労働を強いるのはナホトカからあッちの方の捕虜だけの話さ。
(出典:坂口安吾『安吾人生案内』)

・何十万という労働者がそのため強制労働にかり出された。
(出典:安部公房『壁』)

スポンサーリンク

類語

奴隷(どれい)
意味:人間としての権利・自由を認められず、他人の私有財産として労働を強制され、また、売買・譲渡の対象ともされた人。(出典:デジタル大辞泉)

監獄(かんごく)
意味:受刑者や被疑者・被告人などを拘禁するための施設。(出典:デジタル大辞泉)

処罰(しょばつ)
意味:刑罰に処すること。罪に相当する罰を与えること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

監禁(かんきん)
意味:行動の自由を束縛して、一定の場所から脱出できないようにすること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

刑罰(けいばつ)
意味:犯罪者に対して、国家が科する制裁(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました