幻想とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

幻想

「幻想の世界」などのように使う「幻想」という言葉。

「幻想」は、音読みで「げんそう」と読みます。

「幻想」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「幻想」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

幻想の意味

「幻想」には次の意味があります。

実際にはありそうもないことを、あれこれと想像すること。とりとめもないことを頭に思い浮かべること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「幻想の世界」は「実際にはありそうにない世界」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・いかなる幻想をもそこには描けない、いや描くべきではないのであろう。
(出典:半藤一利『日本のいちばん長い日』)

・僕があなたを愛したのは、あなたが僕の幻想を呼びさましてくれたからだ。
(出典:渡辺温『絵姿』)

・ふと、老婆らに出喰わしたのが幻想の一つのように思え、不安になった。
(出典:中上健次『讃歌』)

・それは幻想ではないかと思うほどの、わずかな光の瞬きでしかなかった。
(出典:J・ブリッシュ『スター・トレックTV版(全12巻) 2 宇宙大作戦 No2』』)

・例の探索癖で、それからそれへの幻想が暗示を描いてやまないのである。
(出典:吉川英治『鳴門秘帖』)

類語

夢想むそう
意味:夢のようにあてもないことを想像すること。(出典:デジタル大辞泉)

妄想もうそう
意味:根拠のないことを、とりとめもなく想像すること。 (出典:精選版 日本国語大辞典)

ファンタジー
意味:空想。幻想。(出典:デジタル大辞泉)

ファンシー
意味:空想。想像。また、気まぐれ。思いつき。(出典:デジタル大辞泉)

メルヘン
意味:空想的神秘的なおとぎ話。童話。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました