平常心とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

平常心

「平常心を保つ」などのように使う「平常心」という言葉。

「平常心」は、音読みで「へいじょうしん」と読みます。

「平常心」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「平常心」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

平常心の意味

「平常心」には次の意味があります。

ふだんと変わらない心。揺れ動くことのない心理状態。(出典:デジタル大辞泉)

「平常心」をわかりやすく言うと「日常ふつうの心。ふだんの気持。」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・人は平静心あるいは平常心というものは持てないのです。
(出典:大川隆法『悟りの挑戦』上巻)

・以前、赤木さんと話をしているときの私は、平常心ではいられなかった。
(出典:乙一『GOTH -リストカット事件』)

・ルーチンの仕事をこなしているうちに、いくらかは平常心が戻ってきた。
(出典:牧野修『スイート・リトル・ベイビー』)

・この無心と平常心とは、同じ心を別の言葉で示したものと見てよい。
(出典:柳宗悦『改めて民藝について』)

・とにかく平常心を取り戻さねばと、現状とは関係なさそうな方に話を振った。
(出典:月村奎『レジーデージー』)

類語

日常(にちじょう)
意味:つねひごろ。ふだん。平生。(出典:デジタル大辞泉)

無念無想(むねんむそう)
意味:一切の想念を離れること。無我の境地に入り、無心になること。(出典:デジタル大辞泉)

無心(むしん)
意味:一切の邪念・妄念を離れた心の状態。また心が働いていない状態。(出典:世界宗教用語大事典)

邪念(じゃねん)
意味:悪意やたくらみを秘めた、よこしまな考え。邪心。(出典:デジタル大辞泉)

雑念(ざつねん)
意味:物事をし通す妨げとなる、気を散らすような不要な考え。(出典:実用日本語表現辞典)

タイトルとURLをコピーしました