干渉とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

干渉

「親に干渉される」などのように使う「干渉」という言葉。

「干渉」は、音読みで「かんしょう」と読みます。

「干渉」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「干渉」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

干渉の意味

「干渉」には次の意味があります。

他人のことに立ち入り、自分の意志に従わせようとすること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

相手の領域に立ち入り、自分の意思に従わせるために指示や妨害をすることを意味します。

干渉は専門用語としても使われており、政府が民間や個人の活動に口をはさむ意味の干渉などが挙げられます。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・だが、天使でも悪魔でも、人間の行動に干渉かんしょうすることはできないという。
(出典:わかつきひかる『AKUMAで少女 2 ~嵐を呼ぶ転校生~』)

・お前が、俺わしの干渉を受けたくないのなら、此家を出て行く外はないだろう。
(出典:菊池寛『真珠夫人』)

・それに干渉されない限り、彼等は何が起ころうとかまわないのであった。
(出典:ロンドン/山本政喜訳『野性の叫び』)

・母は私の結婚のことに関してはまったく干渉しない主義なんです。
(出典:内田康夫『斎王の葬列』)

・それでね、兄さんはわたしのやり方に干渉しないようにしてくださいよ。
(出典:モンゴメリ/中村佐喜子訳『赤毛のアン』)

類語

妨害(ぼうがい)
意味:邪魔をすること。(出典:デジタル大辞泉)

邪魔立て(じゃまだて)
意味:わざと邪魔をすること。(出典:デジタル大辞泉)

割込む(わりこむ)
意味:無理に押し分けて入り込む。(出典:デジタル大辞泉)

遮る(さえぎる)
意味:進行・行動を邪魔してやめさせる。妨げる。(出典:デジタル大辞泉)

邪魔(じゃま)
意味:さまたげること。さまたげとなること。また、そのさま。さわり。支障。故障。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました