席巻とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

席巻

「世界中のチャートを席巻する」などのように使う「席巻」という言葉。

「席巻」は、音読みで「せっけん」と読みます。

「席巻」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「席巻」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

席巻の意味

「席巻」には次の意味があります。

むしろを巻くように領土を片端から攻め取ること。はげしい勢いで、自分の勢力範囲をひろげること。(出典:デジタル大辞泉)

「席巻」は一気に台頭してくる様子、一気に広まる様子を表す言葉です。
領土だけでなく、考え方や圧倒的な人気の広まりについても「席巻する」と表現することができます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ ヨーロッパ文明が全世界を席巻していった経過はその象徴的なものだ。
(出典:内田康夫『贄門島(にえもんじま)上』)

・これが数ヶ月前に世界市場を席巻しようと息まいていた仲間の正体だ。
(出典:池上永一『シャングリ・ラ 下』)

・機関の立てる音の他に、ここ数日別の音がうるさく辺りを席巻している。 
(出典:雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス05 エモーショナル・ハウル』)

・過去の延長線からは、世界市場を席巻できるようなビデオは生まれない。
(出典:佐藤正明『陽はまた昇る 映像メディアの世紀』)

・ 二千個師団あれば、昔ながらの攻撃法で国境を席巻してしまうに違いない。
(出典:K・H・シェール『地底のエリート』)

類語

流行る(はやる)
意味:その時代の人々の好みに合って、盛んに世の中に行われる。世間で広くもてはやされる。流行(りゅうこう)する。(出典:デジタル大辞泉)

一世を風靡する(いっせいをふうびする)
意味:その時代の人々がことごとく受け入れ従うようにする。ある時代に圧倒的に流行する。(出典:デジタル大辞泉)

繁盛(はんじょう)
意味:にぎわい大いに栄えること。また、そのさま。はんせい。(出典:デジタル大辞泉)

台頭(たいとう)
意味:頭をもたげること。勢いを増してくること。(出典:デジタル大辞泉)

勃興(ぼっこう)
意味:にわかに勢力を得て盛んになること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました