希望とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

希望

「希望の光」などのように使う「希望」という言葉。

「希望」は、音読みで「きぼう」と読みます。

「希望」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「希望」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

希望の意味

「希望」には次の二つの意味があります。

1 あることの実現をのぞみ願うこと。また、その願い。
2 将来に対する期待。また、明るい見通し。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

希望の意味①「あることの実現をのぞみ願うこと。また、その願い。」

「希望」の一つ目の意味は「あることの実現をのぞみ願うこと。また、その願い。」です。

「希望通りの配属先だった」「彼の希望を受け入れる」などのように使われるのがこの意味です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そのためには僕はなるべくその運動が純粋に行なわれんことを希望する。
(出典:有島武郎『片信』)

・父はもうそこで何かを手に入れるという希望をもたなくなったようでした。
(出典:原田義人『城』)

・具体的な条件については、彼女の希望をできるだけ容れるつもりでゐる。
(出典:岸田国士『泉』)

・近くで見物したいというみんなの希望を許すことはできないくらいでした。
(出典:石川啄木『鳥影』)

類語

願望(がんぼう)
意味:願い望むこと。(出典:デジタル大辞泉)

求める(もとめる)
意味:欲しいと望む。(出典:デジタル大辞泉)

所望(しょもう)
意味:こうしてほしいと、望むこと。(出典:デジタル大辞泉)

志望(しぼう)
意味:自分はこうなりたい、こうしたいと望むこと。(出典:デジタル大辞泉)

希望の意味②「将来に対する期待。また、明るい見通し。」

「希望」の二つ目の意味は「将来に対する期待。また、明るい見通し。」です。

「希望の光が見えた」のように、明るい未来が想像できたり、良い方向に進みそうな兆しがある場合に使われるのがこの意味です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・この本はわれわれに新理想を与え、新希望を与えてくれる本であります。
(出典:内村鑑三『後世への最大遺物』)

・しかし彼の眼の中には、明かに今まで見えなかった希望の色が動いていた。
(出典:芥川竜之介『素戔嗚尊』)

・彼女は現実に背を向け、村の生活から希望を摘み取らうとする反逆者だ。
(出典:岸田国士『道遠からん 四幕』)

・彼女の映画界復帰の夢に希望をもたせたところはさすがであった。
(出典:織田作之助『青春の逆説』)

類語

望み(のぞみ)
意味:望ましい結果を得る可能性。(出典:デジタル大辞泉)

光明(こうみょう)
意味:あかるい見通し。(出典:デジタル大辞泉)

見込み(みこみ)
意味:将来の可能性。(出典:デジタル大辞泉)

期待(きたい)
意味:あることが実現するだろうと望みをかけて待ち受けること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました