巧緻とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

巧緻

「巧緻な作品」などのように使う「巧緻」という言葉。

「巧緻」は、音読みで「こうち」と読みます。

「巧緻」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「巧緻」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

巧緻の意味

「巧緻」には次の意味があります。

精巧で緻密なこと。たくみで、細部にわたってよくできていること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

つまり、「巧緻」は「きめ細やかで、よくできていること」を意味します。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・殊に、日本の巧緻なる美術工芸品は、少からず奥さんの気に入つてゐる。
(出典:芥川竜之介『手巾』)

・海の戦となれば、あの大男とも思えぬ巧緻な戦術であった。
(出典:和田竜『村上海賊の娘 下巻』)

巧緻な案や二段攻略案は不可としていた。
(出典:五味川純平『ガダルカナル』)

・レントゲンで内部のからくりが知られていますが、巧緻を極めた細工ですよ。
(出典:泡坂妻夫『乱れからくり』)

・この巧緻きわまる芸術の成果を公にできないのは、この無名の名優にとって残念なことであったにちがいない。
(出典:田中芳樹『銀河英雄伝説 4 策謀篇』)

類語

精緻せいち
意味:極めて詳しく細かいこと。たいへん綿密なこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

精密せいみつ
意味:くわしくこまかいこと。こまかくゆきとどくこと。また、工作物の細部にいたるところまで正確で、巧みにできていること。また、そのさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

緻密ちみつ
意味:細かいところまで注意が行き届いていて、手落ちのないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

精妙せいみょう
意味:極めて細かく巧みであること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

精巧せいこう
意味:仕組みが細かくよくできていること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました