山麓とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

山麓

「山麓に家を建てる」などのように使う「山麓」という言葉。

「山麓」は、音読みで「さんろく」と読みます。

「山麓」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「山麓」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

山麓の意味

「山麓」には次の意味があります。

山のふもと。山すそ。(出典:デジタル大辞泉)

つまり、「山麓」とは「山辺」や「山裾」を意味します。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・明日の夜になると、手紙を山麓へ運んでくれる者がいなくなるのです。
(出典:森村誠一『密閉山脈』)

・その声は山麓にかかった露のように、静かに湧き起こり、静かに流れた。
(出典:上西晴治『十勝平野(上)』)

・都市は、遠い昔に海に面していた山麓のなだらかな斜面に建設されていた。
(出典:バローズ/小笠原豊樹訳『火星の女神イサス 火星の合成人間』)

・珍しいことだ、この大武将がこんな小人数で山麓に下りて来るのは。
(出典:山田風太郎『海鳴り忍法帖』)

山麓に近づくにつれて、山を下る猪の姿が、手に取るように望見された。
(出典:咲村観『上杉謙信地の巻』)

類語

山裾やますそ
意味:山のふもと。山麓。(出典:デジタル大辞泉)

ふもと
意味:山の下の方の部分。山すそ。山麓。(出典:デジタル大辞泉)

岳麓がくろく
意味:山のふもと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

裾野すその
意味:山麓の緩やかな傾斜地。(出典:デジタル大辞泉)

山辺やまべ
意味:山の麓のあたり。やまのべ。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました