尽力とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

尽力

「尽力を惜しまない」などのように使う「尽力」という言葉。

「尽力」は、音読みで「じんりょく」と読みます。

「尽力」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「尽力」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

尽力の意味

「尽力」には次の意味があります。

・ある目的の実現のために、力を尽くすこと。(出典:デジタル大辞泉)

「尽力」の「尽」はすべてを出しつくすことを意味するので、「尽力」はすべての力を出し尽くすことを指します。この「尽力」は自分のためには使わず、他者のために行動する際に使用する言葉です。自分のために力を出すことは「努力」を使います。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・また担当編集のY様には、本作を出版するためにご尽力いただきました。
(出典:西東行『鳥は星形の庭におりる』)

・今だってお祖父さまのよき片腕となって、医療に病院経営に尽力してくれているという。
(出典:今野緒雪『マリア様がみてる 27 あなたを探しに』)

・そのことは幕政や藩政に尽力する父や家臣たちを見て学んでいるし、光國も肌で感じている。
(出典:冲方丁『光圀伝』)

・でもこの本が出たのはご尽力くださった皆様のおかげです。
(出典:沖田雅『先輩とぼく 00』)

・言語障害で職を離れた彼が、この家具会社へ入社できたのも三田の尽力があったからだった。
(出典:半村良『都市の仮面』)

類語

・試み(こころみ)
意味:ためしにやってみること。企て。(出典:デジタル大辞泉)

・取り組み(とりくみ)
意味:取り組むこと。物事にあたること。(出典:デジタル大辞泉)

・勤しむ(いそしむ)
意味:熱心につとめ励む。精を出す。(出典:デジタル大辞泉)

・苦労(くろう)
意味:精神的、肉体的に力を尽くし、苦しい思いをすること。(出典:デジタル大辞泉)

・努力(どりょく)
意味:ある目的のために力を尽くして励むこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました