就きましてはとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

就きましては

「就きましては御出席賜りたく」などのように使う「就きましては」という言葉。

「就きましては」は、訓読みで「つきましては」と読みます。

「就きましては」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「就きましては」の意味や使い方や類語について、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

就きましてはの意味

「就きましては」には次の意味があります。

「就いては」の丁寧な言い方。それですから。したがいましては。(出典:デジタル大辞泉の解説)

「就きましては」は、前に話していた内容について関係した事柄を話すときに使用します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ご依頼の件に就きましては、現在調査中でございます。

・具体的な内容に就きましては、明日説明させていただきます。

・提出に就きましては、あちらの窓口でお願いします。

類語

なので
意味:…だから。…であるから。(出典:デジタル大辞泉)

そこで
意味:前の事柄が原因、理由になってその後に起こる事柄を述べることを示す。そういうわけで。それで。それゆえ。そこでそれ。そこでもって。(出典:精選版 日本国語大辞典)

それで
意味:前述の事柄を受けて、それを理由としてあとの事柄を導く場合に用いる。それだから。それゆえ。そういうわけで。(出典:デジタル大辞泉)

だから
意味:前に述べた事柄を受けて、それを理由として順当に起こる内容を導く語。そうであるから。それゆえ。(出典:デジタル大辞泉)

其故(それゆえ)
意味: 前の事柄の当然の結果として後の事柄が起こることを示す。それであるから。だから。それゆえに。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました