尊大とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

尊大

「尊大な態度をとる」などのように使う「尊大」という言葉。

「尊大」は、音読みで「そんだい」と読みます。

「尊大」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「尊大」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

尊大の意味

「尊大」には次の意味があります。

いばって、他人を見下げるような態度をとること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

「尊大」をわかりやすく言うと「他人に対して偉そうな態度をとること」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・傲慢で、尊大で、自分の生まれや身分に絶対の自信と自負を抱いている。
(出典:茅田砂胡『デルフィニア戦記 第08巻 「風塵の群雄」』)

・人をそばへ寄せつけぬような、なんとも鼻持ちならぬ尊大さなのである。
(出典:ドストエフスキー/工藤精一郎訳『未成年(下)』)

・彼女はただ物憂げに、尊大に、命令を下しさえすればよいわけだった。
(出典:澁澤龍彦『世界悪女物語』)

・それほどにこの少年からは、北部一の貴族の子だという尊大さが匂ってこないのだ。
(出典:荻原規子『西の善き魔女外伝 ガーラント初見参』)

・彼はこの上なく尊大な態度をとったが、そんなことをしてみても何の役にも立たなかった。
(出典:メイスン/守屋陽一訳『矢の家』)

スポンサーリンク

類語

高慢こうまん
意味:自分が優れていると思って、他をあなどる・こと(さま)。(出典:大辞林 第三版)

横柄おうへい
意味:おごりたかぶって、人を見さげたり無視したりする態度をとること。 (出典:精選版 日本国語大辞典)

驕傲きょうごう
意味:おごりたかぶる・こと(さま)。(出典:大辞林 第三版)

傲岸ごうがん
意味:おごりたかぶっていて、人に屈しないこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

高慢ちきこうまんちき
意味:いかにも高慢で、憎らしいこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました