寄与とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

寄与

「芸術に寄与する」などのように使う「寄与」という言葉。

「寄与」は、音読みで「きよ」と読みます。

「寄与」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「寄与」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

寄与の意味

「寄与」には次の意味があります。

社会や人のために役に立つこと。貢献。(出典:デジタル大辞泉)

「自分の行動で社会に何かしらの価値を与えること」を表す言葉です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・しかしそれが人間の幸福に本当に寄与したか否かは、また別の問題である。
(出典:中谷宇吉郎『茶碗の曲線』)

・故に問題の選択はかかる歴史的運動に寄与すべく行われなければならない。
(出典:戸坂潤『イデオロギーの論理学』)

・騎馬というものは、わたしたちが想像するより遙かに戦闘せんとうに寄与します。
(出典:田中ロミオ『人類は衰退しました-1』)

・私のこの態度は、全く第三階級に寄与するところがないだろうか。
(出典:有島武郎『想片』)

類語

・貢献(こうけん)
意味:ある物事や社会のために役立つように尽力すること。(出典:デジタル大辞泉)

・資する(しする)
意味:助けとなる。役立つ。(出典:デジタル大辞泉)

・尽力(じんりょく)
意味:力を尽くすこと。骨を折ること。ほねおり。努力。じんりき。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・献身(けんしん)
意味:他人やある物事のために、わが身を犠牲にして尽くすこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました