宴会とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

宴会

「豪華な宴会を開く」などのように使う「宴会」という言葉。

「宴会」は、音読みで「えんかい」と読みます。

「宴会」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「宴会」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

宴会の意味

「宴会」には次の意味があります。

人が集まり、酒食を共にし、歌舞などをして楽しむ会。また、人を招いてもてなすこと。酒宴。宴集。うたげ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

人が集まって酒や食事を楽しむにぎやかな会を指します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・この歴史的大宴会が催されたのは一八一六年一二月一六日のことである。
(出典:加藤秀俊『一年諸事雑記帳(下) 7月~12月』)

・彼女をサカナにしてビールを飲み、宴会をやっているという感じだった。
(出典:村松友視『百合子さんは何色 ―武田百合子への旅』)

・明日はまた朝早くから仕事があるので、宴会のようになってもいけない。
(出典:上野正彦『死体は知っている』)

・楽しい宴会の仲間に入れてもらえたのは、その時くらいしか記憶にない。
(出典:夢枕獏『悪夢喰らい』)

・明るい灯の中の陽気な宴会の渦の中にいて、両側には父親と母親もいる。
(出典:森茉莉『記憶の絵』)

類語

宴(うたげ)
意味:酒宴。宴会。さかもり。「うちあげ(打ち上げ)」の音変化とも、歌酒の意ともいう。(出典:デジタル大辞泉)

パーティー (party)
意味:祝賀、記念、親睦などのための集まり。(出典:精選版 日本国語大辞典)

御宴(ぎょえん)
意味:天皇や皇族が開く宴会。また、貴人などを敬って、その開く宴会をいう語。(出典:精選版 日本国語大辞典)

樽俎(そんそ)
意味:酒樽といけにえを載せる台。転じて、酒や料理の出る宴席。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました