安心とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

安心

「安心して眠る」などのように使う「安心」という言葉。

「安心」は、音読みで「あんしん」と読みます。

「安心」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「安心」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

安心の意味

「安心」には次の意味があります。

 気にかかることがなく心が落ち着いていること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

心が安らかであると書いて安心なので、このような意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・その他かかる文句をいろいろに並べて両親を安心させようと努めている。
(出典:小出楢重『大切な雰囲気』)

・そして彼の飲んでるのを見て安心して、また笑いながら兄と遊んでいた。
(出典:葛西善蔵『子をつれて』)

・どんな不幸が落ちてきても私は絶望だけはせぬ気ですから安心して下さい。
(出典:倉田百三『青春の息の痕』)

・私は不思議だったけれど喧嘩にならないのがさいわいとほっと安心した。
(出典:久坂葉子『入梅』)

・彼らがどんなに真面目に約束をして私を安心させようとしても無駄だった。
(出典:ポー・エドガー・アラン『早すぎる埋葬』)

類語

安全あんぜん
意味:危険のないこと。平穏無事なこと。また、そのさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

安泰あんたい
意味:無事でやすらかなこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

無事ぶじ
意味:普段と変わりないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

安静あんせい
意味: 安らかで落ち着いていること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

安堵あんど
意味:気がかりなことが除かれ、安心すること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました