婚活とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

婚活

「婚活する女性」などのように使う「婚活」という言葉。

「婚活」は、音読みで「こんかつ」と読みます。

「婚活」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「婚活」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

婚活の意味

「婚活」には次の意味があります。

結婚を目的として行われる一連の活動。「就活」(就職活動)になぞらえた表現。結婚相談所に通ったり、女性が結婚のために美容に励んだりすること。(出典:実用日本語表現辞典)

「婚活」は女性の社会進出などにより、晩婚化が進んだため必要となってきました。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

婚活イベントやフリーマーケットも行われる。

婚活サイトで知り合った男性との再婚をする。

婚活女性に人気条件とはなにか。

・内海町の地域活性化団体が中心となって島の婚活事業を活発化させた。

婚活パーティーに参加する。

類語

恋活こいかつ
意味:恋人を作るための活動や取り組みを指す語。就活、婚活、などになぞらえた表現。(出典:実用日本語表現辞典)

就活しゅうかつ
意味:「就職活動」の略。企業に就職するために行う、選考へのエントリーや業界研究といった一連の活動を指す。転じて結婚するための一連の活動を「婚活」と呼ぶ。(出典:実用日本語表現辞典)

終活しゅうかつ
意味:人生の終末を迎えるにあたり、延命治療や介護、葬儀、相続などについての希望をまとめ、準備を整えること。(出典:デジタル大辞泉)

・合コンごうこん
意味:「合同コンパ」の略 男女それぞれのグループが、合同で行うコンパ。→コンパ(出典:デジタル大辞泉)

カップリングパーティ 
意味:恋人や結婚相手を引き合わせることを趣旨とするパーティのこと。お見合いパーティとも言う。複数名で歓談しながら相手を選ぶ。(出典:実用日本語表現辞典)

タイトルとURLをコピーしました