女将とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

女将

「旅館の女将さん」などのように使う「女将」という言葉。

「女将」は、「おかみ」と読みます。

「女将」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「女将」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

女将の意味

「女将」には次の意味があります。

料理屋、旅館など客商売をする家の女主人。おかみ。じょしょう。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「女将」は読んで字のごとく「女の大将」を意味する言葉ですが、もっぱら「旅館などの女主人」という意味で使います。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ただ少なくとも、初めて電話をかけたとき女将は私の名前を知っていた。
(出典:森博嗣『少し変わった子あります』)

・いずれにしてもこの女将さんに意見できる人物はそうはいないだろう。
(出典:五百香ノエル『骸谷温泉殺人事件』)

・昼食の後、女将と話していたおかげでいつもの時間より遅れてしまった。
(出典:坂東眞砂子『山妣』)

・そして女将の手からこの夜の運命を決定する観世縒を抜きとっていった。
(出典:島田清次郎『地上』)

・それをきっかけに、一行はトイレに立つふりをして、女将に金を預けた。
(出典:峰隆一郎『西鹿児島発「交換殺人」特急』)

スポンサーリンク

類語

女主(おんなあるじ)
意味:女で一家の主人である人。女主人。(出典:精選版 日本国語大辞典)

経営者(けいえいしゃ)
意味:企業を経営する人。(出典:デジタル大辞泉)

ママ
意味:バー、クラブ、キャバレー、喫茶店などの女主人。マダム。(出典:精選版 日本国語大辞典

店主(てんしゅ)
意味:店の主人。商店のあるじ。(出典:デジタル大辞泉)

マスター
意味:経営者。主人。特に、バー・喫茶店などの主人、または支配人。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました