奨学金とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

奨学金

「奨学金をもらう」などのように使う「奨学金」という言葉。

「奨学金」は、音読みで「しょうがくきん」と読みます。

「奨学金」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「奨学金」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

奨学金の意味

「奨学金」には次の二つの意味があります。

1 すぐれた学術研究を助けるため、研究者に与えられる金。
2 奨学制度で、貸与または給付される学資金。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

奨学金の意味①「 すぐれた学術研究を助けるため、研究者に与えられる金。 」

「奨学金」の一つ目の意味は「 すぐれた学術研究を助けるため、研究者に与えられる金。 」です。

優秀な研究者が、より高度な研究を進めていく際の援助金として与えられるお金のことを奨学金と言います。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・私は奨学金を獲得できるほど成績も良くなければ、親に財力があるわけでもなかった。
(出典:本間千枝子 『アメリカの食卓』)

・先生が奨学金の推薦をしてくれたんで、学費も寮費も要らなくなった。
(出典:小野不由美 『十二国記 10 華胥の幽夢+漂舶』)

・大学から奨学金をいただき、まだ誰も手を付けていない分野の研究を始めた。

類語

奨励金しょうれいきん
意味:特定の事業を保護・奨励するために国や団体が交付する金銭。(出典:デジタル大辞泉)

補助金ほじょきん
意味:不足を補うために出す金銭。(出典:精選版 日本国語大辞典)

助成金じょせいきん
意味:研究・事業などの遂行を助けるために支給する金銭。(出典: 精選版 日本国語大辞典 )

義捐金ぎえんきん
意味:義捐のために寄付する金銭。(出典:デジタル大辞泉)

奨励金の意味②「 奨学制度で、貸与または給付される学資金。 」

「奨励金」の二つ目の意味は「 奨学制度で、貸与または給付される学資金。 」です。

分かりやすく言うと、学校に通う際に、金銭的な援助が必要な人に給付されるお金です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・仕送りをしてくれる人は誰もいなくて、奨学金に頼っている身なのだ。
(出典:雨木シュウスケ 『鋼殻のレギオス1』)

・クラスでトップの成績で卒業すると、奨学金でコーネル大学へ行った。
(出典:パトリシア・コーンウェル 『証拠死体』)

奨学金を貰ってまで大学に進むことを決心したのも、それを隆正が望んだからだ。
(出典:東野圭吾 『赤い指』)

奨学金を貰って大学へ行きたいと思ったのは、児童心理学を学びたいと思ったからだ。
(出典:秋元康 『着信アリ』)

類語

スカラーシップ
意味: 奨学金または奨学金取得試験のこと (出典: 留学用語集 )

寄付金きふきん
意味:寄付をする金銭。(出典:精選版 日本国語大辞典)

育英資金いくえいしきん
意味:学資の援助を必要とする優秀な生徒・学生に対して貸与あるいは給付する金。(出典: 精選版 日本国語大辞典 )

給費きゅうひ
意味:学費を学生生徒に国や学校、団体などから与えること。(出典: 精選版 日本国語大辞典 )

タイトルとURLをコピーしました