天啓とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

天啓

「天啓を受ける」などのように使う「天啓」という言葉。

「天啓」は、音読みで「てんけい」と読みます。

「天啓」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「天啓」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

天啓の意味

「天啓」には次の意味があります。

・天の啓示。天の導き。神の教え。(出典:デジタル大辞泉)

「天啓を受ける」で「天からの導きや神の教えを受ける」という意味になります。
「啓」の字には「教え導く」という意味があります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・でもあれは彼が突然天啓を受けたために起こった事故のようなものだ。
(出典:牧野修『アロマパラノイド 偏執の芳香』)

・さっきから天啓をくれている神さまは、なんか黒い羽とか生えてないか?
(出典:奈須きのこ『歌月十夜-1 本編』)

・自分が美しいという意識がまるで天啓のように彼におこって来たのだ。
(出典:ワイルド/渡辺純訳『ドリアン・グレイの肖像』)

・わたしという男は、普通の事件に天啓的な見方をすることができない。
(出典:ジェイムズ・ブリッシュ『宇宙都市シリーズ(全4巻) 4 時の凱歌』)

・その題材はずっと以前、十代の前半のころ、天啓のようにかれにふってきた。
(出典:大野木寛『ラーゼフォン夢みる卵』)

スポンサーリンク

類語

・啓示(けいじ)
意味:神が人間に対して、人の力ではとうてい知ることのできないような事をあらわし示すこと。キリスト教では、被造物(自然)によるものを一般啓示、キリストによるものを特殊啓示とよぶ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・伝達(でんたつ)
意味:つぎつぎに伝え届けること。命令、指示、連絡事項などを口頭または書類で相手に伝えること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・縁起(えんぎ)
意味:吉凶の前触れ。兆し。前兆。(出典:デジタル大辞泉)

・閃く(ひらめく)
意味:考えや思いが瞬間的に思い浮かぶ。(出典:デジタル大辞泉)

・御告げ(おつげ)
意味:告げること、また、その言葉をいう尊敬語。特に、神仏がその意思・預言などを人間に告げ知らせること。また、その知らせ。託宣。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました