変革とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

変革

「変革をもたらす」などのように使う「変革」という言葉。

「変革」は、音読みで「へんかく」と読みます。

「変革」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「変革」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

変革の意味

「変革」には次の意味があります。

変えて新しいものにすること。また、変わって新しいものになること。改革。(出典:デジタル大辞泉)

「社会変革」や「体制変革」のように、何かを大きく刷新することを意味します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・わたくしは、そのようにさせたこの世界のすべてを変革したいのです。
(出典:ウェルズ/浜野輝訳『ダヴィドソンの眼の異常な体験』)

・なる程社会変革の運動は大衆の幸福を目標としているには違いなかろう。
(出典:戸坂潤『道徳の観念』)

・こうした個の存在は組織変革の際にも組織の基本条件となるでしょう。
(出典:野中郁次郎/紺野登『知識経営のすすめ』)

・この変革にともなう犠牲が予想外に少なかったのも、そのためであろう。
(出典:大宅壮一『炎は流れる1 明治と昭和の谷間』)

・政治上の変革でもあれば別だが、それもちょっとありそうにない。
(出典:バルザック/佐藤朔訳『従妹ベット(上)』)

スポンサーリンク

類語

革新(かくしん)
意味:旧来の制度・組織・方法・習慣などを改めて新しくすること。(出典:デジタル大辞泉)

改革(かいかく)
意味:従来の制度などを改めてよりよいものにすること。(出典:デジタル大辞泉)

刷新(さっしん)
意味:弊害を除き去って、全く新しいものにすること。(出典:デジタル大辞泉)

改変(かいへん)
意味:内容を変えて、違ったものにすること。(出典:デジタル大辞泉)

改善(かいぜん)
意味:悪いところを改めてよくすること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました