変人とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

変人

「あいつは変人だ」などのように使う「変人」という言葉。

「変人」は、音読みで「へんじん」と読みます。

「変人」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「変人」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

変人の意味

「変人」には次の意味があります。

言動や性格に普通の人とは変わったところのある人。(出典:デジタル大辞泉)

どんな人でも部分的に見れば変わったところはありますが、それが目立ったり行き過ぎた場合は
変人と呼ばれるかもしれません。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・あの人は誰もよく知って居る変人だが、世間はあの人を必要として居る。
(出典:夏目漱石『処女作追懐談』)

・こんなに変人なのに、この二人にこんなに愛されて理解されてるなんて。
(出典:雪乃紗衣『彩雲国物語 外伝 2 藍より出でて青』)

・しかし、そう口に出したら変人扱いされることぐらいは分かっていた。
(出典:山本文緒『眠れるラプンツェル』)

・陽のあるうちに室内に籠こもるのは、病人かさもなくばよほどの変人である。
(出典:高千穂遙『美獣 神々の戦士』)

・みんな変人だったかもしれないけど、ばかはひとりもいなかったんだから。
(出典:ダイアナ・W・ジョーンズ『わたしが幽霊だった時』)

類語

奇人(きじん)
意味:性格や言行が普通とは異なっている人。
(出典:デジタル大辞泉)

変わり者(かわりもの)
意味:性質や言動などが、一般の人と違っている人。
(出典:デジタル大辞泉)

飛上り者(とびあがりもの)
意味:とっぴな言動をする者。跳ね上がり者。
(出典:デジタル大辞泉)

酔狂人(すいきょうじん)
意味:酔って常軌を逸する人。
(出典:精選版 日本国語大辞典)

奇傑(きけつ)
意味:言行が普通の人と変わっている偉人。風変わりな豪傑。
(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました