壊死とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

壊死

「細胞が壊死する」などのように使う「壊死」という言葉。

「壊死」は、音読みで「えし」と読みます。

「壊死」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「壊死」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

壊死の意味

「壊死」には次の意味があります。

細胞や組織など、生体の一部の死、または死んだ状態。(出典:精選版 日本国語大辞典)

火傷や感電などの物理的な原因や、局所貧血などの病理的原因からも壊死が起こる可能性があります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・放っておけば細胞が壊死して下手をすれば切断しなければならない。
(出典:安生正『生存者ゼロ』)

・次々に送られてくる卵が、ここに詰まって、内臓の壊死が広がっています。
(出典:上橋菜穂子『獣の奏者 III 探求編』)

・肝不全ということになっているが、これは肝臓の壊死が顕著だったからだ。
(出典:小野不由美『屍鬼(上)』)

・そこを、なんとか工夫して風通しをよくしなければ、細胞が壊死してしまう。
(出典:城山三郎『打出小槌町一番地』)

・痺れはおさまらないばかりか、神経のすべてが壊死してしまったかのように感覚がない。
(出典:松岡圭祐『千里眼 The Start』)

類語

壊疽(えそ)
意味:壊死に陥った組織が、外界に接触して病的な変化が進行したもの。(出典:精選版 日本国語大辞典)

ネクローシス
意味:壊死(出典:デジタル大辞泉)

重症虚血肢(じゅうしょうきょけつし)
意味:四肢への血流障害によって、安静時にも激しい痛みがあり、四肢の抹消に潰瘍や壊死が生じた状態。(出典:デジタル大辞泉)

大血管疾患(だいけっかんしっかん)
意味:腹部や胸部の大血管に生じる大動脈瘤や大動脈解離の総称。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました