四分五裂とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

四分五裂

「王国が四分五裂となる」などのように使う「四分五裂」という言葉。

「四分五裂」は、音読みで「しぶんごれつ」と読みます。

「四分五裂」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「四分五裂」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

四分五裂の意味

「四分五裂」には次の意味があります。

いくつにも裂けわかれること。ばらばらにわかれて、秩序をなくすこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

軍勢が統率を無くし、四方八方に逃げ惑う様子を表現する際に用いられることが多いようです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・敵は四分五裂して逃げたが、両騎士団ともそんな雑兵には眼もくれなかった。
(出典:茅田砂胡『大鷲の誓い デルフィニア戦記外伝』)

・ロシア艦隊は混乱の極に達し四分五裂となって、各個に逃走を始めた。
(出典:豊田穣『海軍軍令部』)

・お前は正直もので、いつもお前の表情と、言葉とは一致していたが、今日のお前の表情は四分五裂している。
(出典:武者小路実篤『愛慾・その妹』)

四分五裂についえ去って、損害ははかり知ることのできぬほどのものとなるのだ。
(出典:海音寺潮五郎『天と地と(一)』)

・朝倉本陣を四分五裂した榊原康政勢は、勢いに乗じて浅井本陣に迫った。
(出典:池宮彰一郎『本能寺(上)』)

類語

交錯こうさく
意味:いくつかのものが入りまじること。(出典:デジタル大辞泉)

しどろ
意味:秩序がなく乱れていること。乱雑であるさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

狼藉ろうぜき
意味:物が乱雑に取り散らかっているさま。(出典:デジタル大辞泉)

芋を洗うよういもをあらうよう
意味:狭い所で多数の人が込み合うようすのたとえ。(出典:デジタル大辞泉)

卍巴まんじどもえ
意味:卍や巴の模様のように、互いに追い合って入り乱れること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました