啓蟄とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

啓蟄

「啓蟄の候」などのように使う「啓蟄」という言葉。

「啓蟄」は、音読みで「けいちつ」と読みます。

「啓蟄」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「啓蟄」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

啓蟄の意味

「啓蟄」には次の意味があります。

二十四節気の一。冬ごもりの虫が地中からはい出るころ。太陽暦で3月6日ごろ。(出典:デジタル大辞泉)

太陽の黄経が345度に達するときを「啓蟄」といい、現代の暦では3月6日ごろのことをいいます。
「啓蟄」は春の季語です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

啓蟄は太陽暦の三月六日ごろだそうだが、まったくそのとおりだ。
(出典:宮脇俊三『汽車旅12カ月』)

・江戸は、やがて、地面から虫の這い出して来るという、啓蟄の日を迎える。
(出典:平岩弓枝『御宿かわせみ 19 かくれんぼ』)

・ 啓蟄とは、冬眠していた生類が穴を出てくる日という意で、今の暦ではおよそ三月六日ごろに当てられる。
(出典:大岡信『名句歌ごよみ[春]』)

啓蟄の候というが、わが家の虫は汗ばむ季節になるとうごめくらしい。
(出典:岸本葉子『家にいるのが何より好き』)

・だが、今や憧れの日光と外気を満喫できる季節がめぐり来たので、啓蟄の虫たちのように寝ぐらから這い出てきたのだった。
(出典:藤原作弥『聖母病院の友人たち ―肝炎患者の学んだこと―』)

スポンサーリンク

類語

雨水うすい
意味:太陽の黄経330度のときにあたる。現行の太陽暦では2月18、9日頃。(出典:大辞林 第三版)

清明せいめい
意味: 太陽が黄経15度に達した時をいい、現行の太陽暦で4月5日頃にあたる。 (出典:大辞林 第三版)

立春りっしゅん
意味:太陽の視黄経が315度に達するときで、現行暦の2月4日ごろにあたる。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

穀雨こくう
意味:太陽の黄経が30度に達した時をいい、現行の太陽暦で4月20日頃。(出典:大辞林 第三版)

春分しゅんぶん
意味:春の彼岸の中日で、現行の太陽暦で3月21日頃。(出典:大辞林 第三版)

タイトルとURLをコピーしました