唯我独尊とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

唯我独尊

「唯我独尊の上司」などのように使う「唯我独尊」という言葉。

「唯我独尊」は、音読みで「ゆいがどくそん」と読みます。

「唯我独尊」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「唯我独尊」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

唯我独尊の意味

「唯我独尊」には次の意味があります。

この世界にわれよりも尊いものはないということ。転じて、自分だけがすぐれていると自負する独りよがりの態度のたとえ。(出典:四字熟語を知る辞典)

つまり「唯我独尊」とは「自分ひとりが優れていると考えて、うぬぼれていること」という意味です。

具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・その事実とは、宇宙にあって人類は唯我独尊ではないということだった。
(出典:ホーガン『ガニメデの優しい巨人』)

唯我独尊、自分の指す手は絶対に誤っていないとの確信すら感じられる。
(出典:河口俊彦『人生の棋譜 この一局』)

唯我独尊でもあり、常に自分の都合を最優先させるワガママ女でもある。
(出典:丈月城『カンピオーネ! 1 神はまつろわず』)

・目の前の由美子の存在をすら忘れているかのように、唯我独尊に激している。
(出典:宮部みゆき『模倣犯-上』)

・ちょっとぐらい唯我独尊なほうが、そういうの向いてると思うし。
(出典:小川一水『グレイ・チェンバー』)

類語

矜持(きょうじ/きんじ)
意味:自分の能力をすぐれたものとして、他に誇ること。尊大、荘重な態度をとること。自負。誇り。プライド。(出典:精選版 日本国語大辞典)

優越感(ゆうえつかん)
意味:自分は他人よりすぐれているという感情。(出典:精選版 日本国語大辞典)

我田引水(がでんいんすい)
意味:物事を、自分に都合のいいように言ったりしたりすること。(出典:デジタル大辞泉)

エゴ
意味:自分本位の考え方や態度。また、そういう考え方の人。エゴイスト。エゴイズム。(出典:精選版 日本国語大辞典)

ミーイズム
意味:自分の幸福や満足を求めるだけで他には関心を払わない考え方。自己中心主義。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました