唆すとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

唆す

「後輩を唆す」などのように使う「唆す」という言葉。

「唆す」は、訓読みで「そそのかす」と読みます。

「唆す」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「唆す」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

唆すの意味

「唆す」には次の二つの意味があります。

1 よくない行動をするように、おだてたり誘ったりする。
2 その気になるように勧める。促す。(出典:大辞林 第三版)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

唆すの意味①「よくない行動をするように、おだてたり誘ったりする。」

「唆す」の一つ目の意味は「よくない行動をするように、おだてたり誘ったりする。」です。

悪い道に相手を誘導する時などに使われます。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・角田は村の若者たちを唆し、詐欺事件となるように画策したのである。
(出典:高橋克彦『私の骨』)

・何かに唆されたように、人は馬鹿なことをするものだ。
(出典:桐野夏生『OUT(上)』)

・心の中に鬼がいて、それが私を唆して、人を殺させるのでございます。
(出典:国枝史郎『神州纐纈城』)

・そのために、彼は秘かに部内に四将軍の排斥の声が起るよう他の者を唆した。
(出典:松本清張『象徴の設計 新装版』)

スポンサーリンク

類語

煽惑せんわく
意味:人をあおって心をまどわすこと。(出典:デジタル大辞泉)

焚き付けるたきつける
意味:人をそそのかして何かをさせる。けしかける。(出典:デジタル大辞泉)

煽るあおる
意味:他人を刺激して、ある行動に駆り立てたりする。(出典:大辞林 第三版)

指嗾しそう
意味:人に指図して、悪事などを行うように仕向けること。(出典:デジタル大辞泉)

唆すの意味②「その気になるように勧める。促す。」

「唆す」の二つ目の意味は「その気になるように勧める。促す。」です。

人に何かをするように勧める、という意味で、特に悪い意味でなくとも使います。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・彼女のことで、あなたを唆したのはぼくだから、ずうっと気にしていたんですよ。
(出典:荒巻義雄『「新説邪馬台国の謎」殺人事件』)

・むしろ、躯の底のほうから衝き上げてくるものに唆されて、歩いて行く。
(出典:吉行淳之介『私の東京物語』)

・あの子をうまく唆したら、ちょっと面白いことができるかも分らない。
(出典:松本清張『事故 別冊黒い画集1』)

・あの左腕はおまえんだろ、俺はただおまえに唆されて使ってるだけだ。
(出典:奈須きのこ『DDD JtheE』)

スポンサーリンク

類語

駆るかる
意味:強いてある行動をとらせる。(出典:大辞林 第三版)

誘引ゆういん
意味:注意・興味をさそってひきつけること。さそいこむこと。(出典:大辞林 第三版)

丸め込むまるめこむ
意味:相手を自分の思うとおりに操る。(出典:デジタル大辞泉)

掻き口説くかきくどく
意味:自分の心境を訴えたり、相手を説得したりするため、くどくどと繰り返し述べたてる。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました