合意とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

合意

「スケジュールに合意する」などのように使う「合意」という言葉。

「合意」は、音読みで「ごうい」と読みます。

「合意」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「合意」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

合意の意味

「合意」には次の意味があります。

互いの意思が一致すること。法律上は、当事者の意思表示が合致すること。(出典:デジタル大辞泉)

互いの意思が一致するという意味の他に、一致した意見そのものを表すこともあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・互いの合意が出来ると、二人は具体的な防衛作戦の検討と修正に入った。
(出典:高橋昌也『ガンダム・センチネル』)

・あの傷は、女が合意を否定した場合には、確実に男に不利になるだろう。
(出典:森村誠一『魔少年』)

・いかなる国家も民衆からの何らかの信頼と合意なしには、たちゆかない。
(出典:今村仁司『増補 現代思想のキイ・ワード』)

・彼我の主張は相互に食い違ったまま、合意に達していなかったのである。
(出典:五味川純平『ノモンハン(下)』)

・ドイツ側に立ったからといって、すべてドイツと合意していたわけではない。
(出典:木村裕主『ムッソリーニの処刑』)

類語

同意どうい
意味:他人の意見などに対して、賛成すること。(出典:デジタル大辞泉)

賛成さんせい
意味:人の意見や行動をよいと認めて、それに同意すること。(出典:デジタル大辞泉)

合致がっち
意味:ぴったり合うこと。一致すること。(出典:デジタル大辞泉)

承認しょうにん
意味:そのことが正当または事実であると認めること。(出典:デジタル大辞泉)

承知しょうち
意味:依頼・要求などを聞き入れること。承諾。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました