取るに足りないとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

取るに足りない

「取るに足りない出来事」などのように使う「取るに足りない」という言葉。

「取るに足りない」は、訓読みで「とるにたりない」と読みます。

「取るに足りない」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「取るに足りない」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

取るに足りないの意味

「取るに足りない」には次の意味があります。

問題として取り上げる価値もない。ささいなことである。(出典:デジタル大辞泉)

取るほどの必要がない、”必要とされる価値までに足りない”ことを「取るに足りない」と言います。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

取るに足りないことと決めつけて、見ないふりをしていた私の落ち度だ。

・そんな馬鹿げた話、取るに足りない小事にいつまでも構っている暇はない。

取るに足りないなんて言って大人げない…結局気になって様子を窺うなら、最初からそう言えばいいのに。

スポンサーリンク

類語

他愛無いたわいない
意味:手ごたえや張り合いがない。(出典:デジタル大辞泉)

つまらない
意味:とりあげる価値がない。大したものではない。(出典:デジタル大辞泉)

益体もないやくたいもない
意味:役に立たない。無益だ。(出典:デジタル大辞泉)

小事しょうじ
意味:取るにたりない事柄。ささいな事柄。(出典:デジタル大辞泉)

些細ささい
意味:あまり重要ではないさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました