即座とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

即座

「即座に応答する」などのように使う「即座」という言葉。

「即座」は、音読みで「そくざ」と読みます。

「即座」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「即座」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

即座の意味

「即座」には次の意味があります。

すぐその場。即席。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「即座に」の形で副詞的に使うことも多く、この場合は「すぐに何かをすること」を意味します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・わたしには即座に動けて、完全に理解できている特別な部下が必要なの。
(出典:ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』)

・しかし彼は即座に、じゃあ、そうさせていただきますとは言わなかった。
(出典:織田作之助『青春の逆説』)

即座に手に入らなかったものは、機会を求めて得る度たびにこれを読んだ。
(出典:夏目漱石『博士問題とマードック先生と余』)

・すると、即座に現実が立ちかえってきて、危険をさとらせてくれるのだ。
(出典:アーサー・C・クラーク『渇きの海』)

・普通の少女なら即座に忘れていい程度の出来事だが、彼女の場合はちがう。
(出典:丈月城『カンピオーネ! 1 神はまつろわず』)

スポンサーリンク

類語

即時(そくじ)
意味:すぐその時。即刻。また、短時間。副詞的にも用いる。(出典:デジタル大辞泉)

早速(さっそく)
意味:すみやかなこと。にわかなこと。急なこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

言下(げんか)
意味:ことばを言い終わるか終わらない時。一言のもと。即座。(出典:精選版 日本国語大辞典)

早々(そうそう)
意味:その状態になってすぐの時。多く、他の語の下に付いて用いられる。(出典:デジタル大辞泉)

にわか
意味:物事が急に起こるさま。また、事態が急変するさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました