千秋楽とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

千秋楽

「大相撲の千秋楽」などのように使う「千秋楽」という言葉。

「千秋楽」は、音読みで「せんしゅうらく」と読みます。

「千秋楽」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「千秋楽」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

千秋楽の意味

「千秋楽」には次の意味があります。

物事の最後。終わり。(出典:デジタル大辞泉)

この言葉は、「芝居・相撲などの興行の最後の日」にも使われます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・三日前、千秋楽の日に、やつはなんとしてもあの子を殺すっていってね。
(出典:スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(上)』)

・座へ出ると、今日はもう千秋楽近いといふに割に入ってる、分らんもの。
(出典:古川緑波『古川ロッパ昭和日記』)

・幸いなことに、剣はその後、東京の千秋楽まで、一度も折れなかった。
(出典:芥川比呂志『決められた以外のせりふ』)

・初めて彼が英語で話しかけてきたのは大相撲千秋楽の晩であった。
(出典:芥川比呂志『決められた以外のせりふ』)

千秋楽ともなれば見物も、新聞の批評やなんかで、みんな筋を知っている。
(出典:横溝正史『金田一耕助全集 横溝正史 「幽霊座」』)

類語

楽日(らくび)
意味:千秋楽の日。興行の期間の最後の日。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました