勝率とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

勝率

「勝率を上げる」などのように使う「勝率」という言葉。

「勝率」は、音読みで「しょうりつ」と読みます。

「勝率」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「勝率」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

勝率の意味

「勝率」には次の意味があります。

試合などに勝った割合。勝ち数を全試合数で割った百分率をさしていう。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「勝率」をわかりやすく言うと「ある試合で勝利する確率」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・まあ、彼がプロ入りしたならば、相当以上の勝率はあげられるでしょう。
(出典:高木彬光『首を買う女』)

・タイトルを失ったことも重大だが、全体の勝率が落ちていることも問題だ。
(出典:河口俊彦『人生の棋譜 この一局』)

・この状況で考えられる、少しでも勝率を上げられる全ての努力をしてみよう。
(出典:竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 1 鬼隠し編』)

勝率はますます悪くなるばかりで、家計費は持ち出しが多くなってきた。
(出典:群ようこ『無印おまじない物語』)

類語

度合どあい
意味:性質や状態の深浅・濃淡・強弱・高低・優劣などをはかってみて、そこに表出される結果。(出典:精選版 日本国語大辞典)

勝算しょうさん
意味:相手に勝てる見込み。勝ち目。(出典:デジタル大辞泉)

確率かくりつ
意味:ある事象の起こる可能性の度合い。(出典:デジタル大辞泉)

勝色かちいろ
意味:戦いに、勝ちそうな様子。(出典:精選版 日本国語大辞典)

勝味かちみ
意味:勝負に勝つ見込み。勝ち目。また、積極的に攻めて勝とうとする気持。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました